お役立ち情報ブログ

製品活用をはじめ、ものづくりに関する様々なお役立ち情報を発信してまいります。

サポートお役立ち情報

インターネット利用を代理する?!「プロキシ」について解説

今回は「プロキシ」について解説していきます!

そもそもプロキシとは、どういうもので、どんな役割をしているのか、この記事を読めばプロキシの概要をつかむことができます。
また、プロキシを設定している場合、NAZCA5のライセンス認証時にも設定が必要ですので、そちらについても解説しております。

ぜひ最後までご覧ください。

「プロキシ」とは?

「プロキシ」は、英単語の「proxy」から生まれていて「代理」という意味です。
ここから、何かの代理をしているのだなと分かります。
では、何の代理をしているのでしょうか?

 

「プロキシ」とは、インターネット通信のアクセスを代理するものです。
これではイメージできないかと思いますので、まずインターネット利用がどのような仕組みになっているのか説明します。

私たちはインターネットを利用する際、まず「Edge(Microsoft)」や「Chrome(Google)」などのWEBブラウザを使用します。そして、目的のサイトを検索しクリックすると、WEBサーバーがそのページをWEBブラウザ上に表示させます。
これがインターネット利用の一般的な仕組みです。

ここにプロキシが加わると、先ほどご説明した通りプロキシはインターネット通信のアクセスを代理するので、WEBサーバーの代わりにプロキシサーバーのブラウザ上に目的のページを表示させます。


インターネット利用を代理するプロキシのイメージ図

プロキシを経由するメリットは?

プロキシを経由するメリットをご紹介いたします。主なメリットは大きく3つあります。

1.匿名性を確保できる
2.すばやくWEBページを表示できる
3.アクセスログを残すことができる

1.匿名性を確保できる

プロキシを経由することで、WEBブラウザから直接WEBサイトにアクセスしないので、匿名性を確保でき、ユーザー情報が渡りにくくなります。
悪意のあるWEBサイトからユーザー情報を守ることができます。

2.すばやくWEBページを表示できる
プロキシには、過去に開いたサイトを保存しておいて次に同じサイトへアクセスしたときにスムーズに表示できる「キャッシュ機能」があります。
よって、一度閲覧したページを再度閲覧する場合は、1回目よりも早く閲覧できます。
ちなみに、キャッシュは保存容量が決まっており、保存容量を超えると古いものから削除されていきます。

3.アクセスログを残すことができる
アクセスログをサーバーに残すことができるため、ユーザーの閲覧状況を確認できます。
外からの悪意のあるサイトもプロキシで検知可能なため、危険なページへのアクセス防止に繋がるほか、サイバー攻撃が発生した際も、ログの解析だけで不正アクセスを特定することができます。

 

プロキシ設定の確認方法は?

確認方法は以下になります。
(1)「Windowsのスタートボタン」>「設定」をクリックします。

 

Windowsのスタートボタン>設定をクリックする図

 

(2)「ネットワークとインターネット」をクリックします。

 

ネットワークとインターネットをクリックする図

 

 

(3)左メニューの「プロキシ」をクリックします。
「プロキシサーバーを使う」が「オン」になっている場合は、プロキシを使用しています。
「アドレス」欄に入力されているのが、プロキシサーバーのアドレス名です。
「ポート」欄に入力されているのが、プロキシサーバーのポート番号です。
※自動プロキシ設定の確認方法については、自社のシステム担当者等にご確認ください。

 

プロキシサーバーを使うをオンにする図

プロキシ設定をしている場合、NAZCA5のライセンス認証時にも設定が必要です!

NAZCA5のライセンスはソフトウェアライセンスになります。
お使いのPCがプロキシ設定されている場合、NAZCA5のライセンス認証前にライセンス認証ツールにて、プロキシ設定をする必要があります。
設定方法は以下になります。

 

(1)「License Setting Tool(スタンドアロンの場合)」または「License Manager Tool(フローティングの場合)」を起動します。

 

「License Setting Tool」または「License Manager Tool」をクリックする図

 

※ライセンス認証の詳細は、NAZCA5シリーズ保守サービスポータルサイトへログイン後にダウンロードできる「インストールガイド」をご覧ください。
保守サービスポータルサイトはこちらから

 

(2)「プロキシ設定」をクリックします。

 

プロキシ設定をクリックする図

 

(3)プロキシモード「手動プロキシ」または「自動プロキシ」を選択して、PCで設定されているアドレスやポートなどの情報を入力し、「設定」をクリックします。
※プロキシ設定に関するご不明点は、自社のシステム担当者など詳しい方にご相談ください。

 

手動プロキシを選択して、設定をクリックする図
最後に…

セキュリティの確保が重要視されている現在、プロキシは大切な役割を果たしています。
サイトを利用する際、プロキシを経由しないとアクセスできない会社や学校も増えてきています。

プロキシは、セキュリティの確保スムーズなWEBサイトへのアクセスをサポートしてくれますので、ぜひ覚えていただけたらと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

お役立ち情報ブログへ戻る