1. お問い合わせ
  • HOME
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 教育機関HP
  • English

バージョン情報

ナスカ・プロワイヤー/上下異形状

不具合修正の内容はこちら
※出荷時にお配りしている「ユーザー名」と「パスワード」が必要です。 詳しくは、当社営業課(053-465-0711)までお問い合わせください。

[Rel1.34]:2017.09.19

V1.34 (2017.09.19)
  1. NCデータ作成:Nazca Neo Verioとの連携機能を追加しました。

[Rel1.33]:2016.12.02

V1.33 (2016.12.02)
  1. ポスト:一定半径以上の円弧を直線近似して出力する機能を追加しました。

[Rel1.32]:2016.02.01

V1.32 (2016.02.01)
  1. Windows10に対応しました。
上下異形状CAM部分:V1.32 (2016.02.01)
  1. Windows10に対応しました。

[Rel1.31]:2015.11.02

V1.31 (2015.11.02)
  1. 加工指示:加工条件設定画面のオフセット変更値と補正量を足した値がマイナス値でもエラーにならず設定ができる様に変更しました
  2. ポスト:西部電機様用機械のポストファイルを1つ追加しました。
  3. ゴードーソリューションのロゴを修正しました。
上下異形状CAM部分:V1.31 (2015.11.02)
  1. ゴードーソリューションのロゴを修正しました。

[Rel1.30]:2014.04.21

V1.30 (2014.04.07)
  1. ポスト:プログラム末尾の「%」をつける場合、改行の有無を選択できるようになりました。
上下異形状CAM部分:V1.30 (2013.04.07)
  1. ポスト:プログラム末尾の「%」をつける場合、改行の有無を選択できるようになりました。

[Rel1.29]:2013.12.02

V1.29 (2013.11.15)
  1. 画面操作:図形要素へのスナップがしやすくなりました。
上下異形状CAM部分:V1.29 (2013.11.15)
  1. 画面操作:図形要素へのスナップがしやすくなりました。

[Rel1.25]:2013.01.15

V1.25 (2012.12.25)
  1. ポスト:コの字パターンで切り落とし仕上の際、切り落し加工のときだけ切り落とし前(後)停止コードが出るように変更しました。
  2. 加工工程ウィンドウ:メンバを分離を禁止する条件を追加しました。

[Rel1.23]:2012.07.23

V1.23 (2012.07.17)
  1. オープン加工:最初の図形または最後の図形が形状と交差していても、加工指示ができるようになりました。

[Rel1.22]:2012.05.22

V1.22 (2012.05.17)
  1. 加工指示:複数ブロックにわたるオーバーラップができるようになりました。
    オーバーラップにマイナス値を扱えるようになりました。
  2. 加工指示:軌跡作成時の警告表示のウィンドウをスクロールできるように変更しました。
  3. 加工指示:分岐のある図形を選択するとき、1つ前の分岐に戻ることができるようになりました。
  4. オープン加工:端点アプローチの際のスタート穴位置の誤差チェックを緩和することで、軌跡作成エラーを回避できるようになりました。
  5. オープン加工:形状指示時、まだ分岐があれば、閉じた形状で自動的に選択終了しないように変更しました。
  6. マウス指示複写:[複写終了]ボタンを操作パネルへ移動しました。
  7. テーパー編集:スタート穴を選択することで、全体テーパーができるようになりました。
  8. 操作基本設定:寸法線をスナップ対象にするか設定できるようになりました。
  9. システムパラメータ設定:[軌跡作成時、(円弧半径<補正量)以外の干渉チェックを行う]項目を追加し、補正による干渉チェックを厳しくできるようになりました。
上下異形状CAM部分:V1.22 (2012.03.15)
  1. 操作基本設定:寸法線をスナップ対象にするか設定できるようになりました。

[Rel1.20]:2012.01.01

V1.20 (2011.12.08)
  1. 加工指示:助走距離はアプローチ距離未満の値のみ許可するように変更しました。助走距離とアプローチ距離を同一にする場合は、ポスト設定で対応できます。
  2. オープン加工:形状が2ブロックの場合も端点アプローチ指示ができるようになりました。
  3. NCデータ作成条件:サブプログラムをG90で出力できるようになりました。

[Rel1.19]:2011.11.01

V1.19 (2011.10.17)
  1. 加工指示:メンバごとに加工回数を設定できるようになりました。
  2. 加工指示:補正方向の指示方法を"行わない","開始ブロック指示のみ行う","毎回行う"の3パターンから選べるようになりました。
  3. 加工指示:メンバごとにアプローチ条件を設定できるようになりました。
  4. NC文挿入:設定済みのNC文を確認できるモードを追加しました。
  5. NC文挿入:軌跡の終点側の端点にNC文挿入ができるようになりました。
  6. テーパー編集:設定済みのテーパー情報を確認できるモードを追加しました。

[Rel1.17]:2011.05.16

V1.17 (2011.04.13)
  1. 加工指示:[Shift]キーを押しながらアプローチブロックを選択した場合、加工方向選択の矢印を表示するよう変更しました。
  2. 加工指示:スタート穴の指示中、図形指示中に[戻る]機能を追加しました。
  3. 加工指示:操作中の右ボタンクリックのポップアップメニューの内容を、操作パネルの項目に変更しました。
  4. 加工条件設定:メンバーごとに加工条件を呼び出せるようになりました。
  5. NCデータ作成条件:[ファイル名指定方法]の表記を変更しました。

[Rel1.16]:2011.01.24

V1.16 (2011/01/11)
  1. 工程登録:工程作成時、設定されたハイライト色と同じ色を工程色に適用しないように変更しました。
  2. 工程登録:工程番号の表示を、表示しないよう設定できるようになりました。
  3. 加工指示:補正方向を選択するときにG40を選択できるようになりました。
  4. システムパラメータ設定:"前回開いたフォルダを開く"の初期値をOFFに変更しました。
上下異形状CAM部分:V1.16 (10/2012/20)
  1. システムパラメータ設定:"前回開いたフォルダを開く"の初期値をOFFに変更しました。

[Rel1.15]:2010.10.22

V1.15 (2010/09/24)
  1. 工程登録:メインウィンドウに工程番号を表示するようになりました。
  2. 拡大/縮小:[拡大]コマンド[縮小]コマンド追加しました。
  3. NC文挿入:定形文を登録できるようになりました。
  4. 工程ツリー:選択されたメンバーの軌跡がハイライトされるようになりました。
上下異形状CAM部分:V1.15 (2010/10/05)
    第一出荷バージョン

[Rel1.14]:2010.07.12

V1.14 (2010/06/30)
  1. 操作 : [W]キーでの画面縮小、[E]キーでの画面拡大に対応しました。
  2. 画面 : 加工軌跡編集ツールバーをデフォルトで表示するよう変更しました。
  3. NC文挿入 : 改行コードが使用できるようになりました。
  4. 加工条件設定 : ユーザー変数の入力可能文字数を拡張しました。
  5. ダイ加工、パンチ加工 : アプローチタイプ[ピン角アプローチ]ができるようになりました。
  6. ダイ加工、パンチ加工、コアレス加工 : アプローチタイプ[円弧]のパターンが選択できるようになりました。
  7. パンチ加工 : アプローチタイプ[ヘソ残し]ができるようになりました。
  8. オープン加工 : 1ブロック指示に対応しました。
  9. オープン加工 : アプローチタイプ設定の案内図と説明文を改善しました。

[Rel1.12]:2010.03.29

V1.12 (2010/03/19)
  1. シミュレーション : 終了時に「加工軌跡の表示終了」とステータスバーに表示するように対応しました。
  2. シミュレーション : シミュレーション終了時、画面上に加工距離を表示するように対応しました。
  3. システムパラメータ設定 : 「加工タイプが[ダイ]なら全タイプを保存」を初期値・標準値にするようにしました。

[Rel1.11]:2010.02.22

V1.11 (2010/02/17)
  1. NCデータ作成 : 空のサブプロは出力しないように対応しました。

[Rel1.10]:2010.01.12

V1.10 (2009/12/24)
  1. ポスト : 強制出力コマンド[!]に対応しました。
  2. ポスト : シーケンス番号が工程ごとに出力する設定の場合の、シーケンス番号単独行出力に対応しました。
  3. システムパラメータ設定 : 加工条件の機械名と一致するポスト名を優先表示する設定を追加しました。
  4. システムパラメータ設定 : ダイ加工の時にパンチ、コアレス、オープンにも同じ内容の加工条件ファイルを作成する機能を追加しました。
  5. NCデータ作成 : NCデータ作成条件画面にプログラム番号コメントの設定を追加しました。
  6. オープン加工 : 1st時に切り残し前停止コードを出力できるよう修正しました。
  7. 加工条件名称 : 文字のサイズが小さかったものを修正しました。
  8. 加工条件名称 : 右クリック時のメニューが、英語表記だったものを修正しました。
  9. ポスト : 図形毎コメントに英小文字を使用しないよう変更しました。

[Rel1.07]:2009.07.06

V1.07 (2009/07/01)
  1. シュミレーション : シュミレーションのオフセット描画の機能を追加しました。
  2. 加工指示 : オープン加工でスタート点を形状の端点に設定できるようにしました。
  3. 加工指示 : 加工形状毎に加工条件を設定できるように変更しました。
  4. データ作成 : 追加形式でのNCデータ出力できるようにしました。
  5. 加工指示 : 補正量等のアドレス選択に空欄を指定できるように変更しました。
  6. 加工指示 : オフセット変更値設定を追加しました。
  7. ポスト編集 : 図形ごとにシーケンス番号を出力できるようにしました。
  8. NCデータ作成条件 : ファイル名指定方法の設定を追加しました。

[Rel1.05]:2009.03.30

V1.05(2009/03/23)
  1. 加工条件の編集:加工工程作成後も加工条件を呼び出せるように変更しました。

[Rel1.02]:2009.01.23

V1.01(2009/01/22)
  1. パラメータファイルや、各データの参照先をインストールフォルダ内に切り替えられるよう変更しました。
  2. システムパラメータ設定で、端点接続許容距離を設定できるよう変更しました。
  3. バージョン情報からハードロック確認ができるように変更しました。
  4. バージョン情報にインストールリリース番号を表示するように変更しました。

[Rel1.00]:2008.12.22

V1.00 (2008/12/17)
    第一出荷バージョン
  • 製品最新情報
  • イベント情報
  • 製品をご検討の方へ
  • 製品をご使用中の方へ
  • 【テクニカルサポート契約】されている方オンラインサポートのご利用はこちら
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町471 TEL:053-465-0711 FAX:053-465-0714
ご意見ご感想は E-mail:info@godo.co.jpまで

Copyright (c) Godo Solution Inc. All Rights Reserved.