1. サイト内検索
  2. お問い合わせ
  • HOME
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 教育機関HP
  • English

サポート

ダウンロード
テクニカルサポート
スクール
定期コース
オーダーメイドコース
ポスト作成
よくある質問
OS対応表
インストール編
ハードロック(プロテクター)編
基本編
ナスカCAD編
ナスカ・ミル2D編
ナスカ・ミル2.5D編
ナスカ・ミル穴加工編
ナスカビュー編
ナスカ[描画・編集](共通編)
ナスカ・ワイヤー編
ナスカ・旋盤編
ナスカ・マルチ通信編
ポケコン編
簡易マニュアル・チュートリアル
ナスカのミニ知識
バージョン情報
ナスカ・プロ3Dビュー/3Dコネクト
ナスカ・プロCAD
ナスカ・プロミル共通
ナスカ・プロ2D
ナスカ・プロ2.5D
ナスカ・プロ穴加工
ナスカ・プロワイヤー
ナスカ・プロ旋盤
ナスカ・プロETMビュー
ナスカ・SQレーザー
ナスカCAD
ナスカ・ミル
ナスカ・ワイヤー
ナスカ・レーザー
ナスカ・旋盤
ナスカビュー
ナスカビューARA
ナスカ・GR
ナスカ[描画・編集](マシニング用)
ナスカ・ワイヤービュー
ナスカ[描画・編集](旋盤用)
ナスカ編集
ナスカ・マルチ通信
ナスカ・マルチ通信 for LAN
ナスカ通信
ナスカマルチDNC
ナスカ・3Dインターフェース
パススコープ
ナスカ・プロ Bee そう太
計太Z V3
ポケコン
らん太
販売・サポート終了商品
サポート用メールフォーム
ナスカシリーズ
ナスカ・プロ Beeシリーズ
ユーザー登録用フォーム

バージョン情報

ナスカ・ミル

[Rel7.17]:2008/04/22

<インストーラ:R7.17(2008/04/22)>
  1. R7.17のショートカットツリーにフォルダ「簡易マニュアル・チュートリアル」を設け、簡易操作マニュアルのショートカットを移行しました。また、このフォルダに次の3つのショートカットを追加しました。
        ◎チュートリアル ナスカ・ミル2D
        ◎チュートリアル ナスカ・ミル2.5D
        ◎チュートリアル ナスカ・ミル穴加工

[Rel7.14]:2007.12.04

V7.07(2007/07/26)
  1. NC文作成時に、ナスカビューに工具データを引き渡す仕様の一部を変更しました。
  2. 12画面図形表示で、ファイル名が図形の下に表示しきれない長さ(半角で19文字以上)の場合に、文字によっては正常に表示されない不具合を修正しました。

[Rel7.10]:2007.05.24

V7.06(2007/05/18)
  1. 穴で単独面取り、単独座グリができるようにしました。
  2. 2.5D等高線に単一テーパの機能を追加しました。
  3. NCデータ作成時に原点を指定できるようにしました。
  4. 2D,2.5Dで工程の並び替えができるようにしました。
  5. 接続線F値の設定項目を[領域加工条件の設定]ウィンドウに出し、[インコーナー減速F値を行う] のON/OFFに関わらず設定を反映させるようにしました。
  6. [ファイル]メニュー>[システムパラメータ設定]の[システムパラメータの設定]ウィンドウで、設定項目[印刷時に文字サイズを自動調整する]および[印刷文字比率(通常100)]を[穴加工のパラメータ]グループからはずし、新たに[印刷パラメータ]グループを作成してそこに設置するようにしました。
  7. サイクル開始部に[USR*?]を入れると、出力データがおかしくなる不具合を修正しました。
  8. シーケンスN番号が設定桁数を超えてもNCデータができてしまう不具合を修正しました。
  9. 回転体で加工条件によっては、不適切なエラーとなる不具合を修正しました。
  10. 円の輪郭加工で、アプローチ無し、補正無しの時に、シミュレーションが異常になる不具合を修正しました。
  11. CAM画面に寸法線ON/OFFの機能を追加しました。
  12. [入力値の管理]で条件名にスペース等があると呼び出せない不具合を修正しました。
  13. 輪郭加工で真円の中心をスタート点とした場合、分割点が異常になる不具合を修正しました。
  14. 軌跡の複写をマウス指示で行って、G91でサブプロ出力すると小数点以下の数値誤差によりサブプロが複数個作成される不具合を修正しました。
  15. 2Dおよび2.5Dの加工データの、サブプログラム内に最初に出てくるF値はモーダル処理せず常に出力し、先頭F値の出力/非出力によりサブプロが別個になることがないよう修正しました。
  16. [ポストの設定]>[アドレス、コード等の設定]ウィンドウの[2Dの専用設定]に以下の2項目(エディットボックス)を追加しました。
        ・Z下降後に出力するコード
        ・Z上昇前に出力するコード
  17. ポストコマンド「NOW_T?」でT番号が出力された場合、加工軌跡出力後に『前のT番号』 を更新するよう修正しました。
  18. WindowsVistaで[NCデータの作成]または[3D描画]を実行したときに、ユーザーアカウント制御の画面が出力されるのを、出力しないように修正しました。
  19. 等高線加工指示において、加工開始Z高さが断面図の高さを超えている場合の処理を修正しました。
  20. 穴加工において穴指示後、工程登録前に「穴の表入力」にて穴のXY座標値を変更した場合に、穴データを消すのではなく穴データのXY座標値を編集するよう修正しました。
  21. [工程管理]メニュー>[加工軌跡の複写]の[距離指定複写]/[格子状複写]/[回転複写]により、複数工程をまとめて複写した場合に、工程のまとまりごとに加工順番が設定されるよう修正しました。
  22. ヘルプをWinHelp方式からHTML HELP方式に変更しました。
  23. 社名変更に伴い、ソフト内の旧社名を新社名に変更しました。
CAM2D_Pocket.dll:V7.02(2007/05/16)
  1. 2D領域スタート点にデフォルト位置を指示すると下穴位置をNC文に出力できない不具合を修正しました。
  2. 領域:走査線切削で最後の外周加工が途中で途切れる不具合を修正しました。

[Rel7.07]:2007.01.23

V7.05(2007/01/10)
  1. 2.5D等高線の断面図干渉の確認画面で[いいえ]としても工程登録される不具合を修正しました。
  2. 形状によってはZマイナス方向から等高線荒取加工すると、ソフトがフリーズする不具合を修正しました。
  3. 2.5D等高線で形状によっては異常な円弧が出力される不具合を作成可能な高さまでの軌跡を出力するように変更しました。
  4. 2D輪郭加工の円弧アプローチで円弧の角度を0度にすると、360度の円弧が挿入される不具合を垂直のアプローチになるよう修正しました。
  5. ポストの設定]ウィンドウのポストコマンドリストにおいて、[XBP?]、[YBP?]、[ZBP?]の記述を以下のように変更しました。
        XBP?・・・・・・・NC作成条件の位置決めX値を出力します。
        YBP?・・・・・・・NC作成条件の位置決めY値を出力します。
        ZBP?・・・・・・・NC作成条件の位置決めZ値を出力します。
  6. [加工設定]メニュー>[穴加工の設定]>[座グリ加工手順の設定]の[座グリ加工手順の設定]ウィンドウで、[印刷]ボタンにより印刷を行うと、「ザグリ加工手順名」に「穴加工手順の名称」(ドリル加工など)が出力されるのを、座グリ加工手順の名称(「1:座グリ」など)が出力されるよう修正しました。
  7. インコーナーF値の条件設定でエラー判定の不具合を修正しました。
  8. [Z方向条件の設定]ウィンドウ(2D)および[加工条件の設定]ウィンドウ(2.5D)の「入力値の管理」で、アプローチ高さ(工具のZ復帰値)はファイルに登録・呼出がされないよう修正しました。
  9. 工具リストの編集画面で、設定終了押下時、「(先端R×2)>工具径」であった場合に出力されるエラーメッセージ「No.**行目が”(先端R×2)<工具径”となっています」の「<」を「>」に修正しました。
  10. [工程管理]メニュー>[加工軌跡の複写]で、加工軌跡の複写(マウス指示複写以外)を実行後、[元に戻す]をクリックすると、複写する加工軌跡の指示に戻るが、前回指示した加工軌跡が赤色で表示されたままになっているのを、各工程の表示色に戻すように修正しました。
  11. 工程が登録されている状態で材質を変更しようとしたときに表示される、「すでに違う材質で加工手順を設定しています。材質を変更しますか?」の確認画面で[いいえ]をクリックしたとき、[材質の選択]ウィンドウの材質名を変更前のものに戻すよう修正しました。
  12. 2D加工指示コマンドの[工具の選択]ウィンドウ最下の注意書き(青字)について、「エンドミル(先端Rが0以上)を選択してください」となっているのを、「工具を選択して下さい。」に修正しました。
  13. 2D手動荒取で、[早送:G00]ブロックの直後に[□:内⇒外]の軌跡を作成した場合に出力されるNC文について、[早送:G00]ブロックの終点から、四角の内側の点の上空にG00移動ブロックを出力し、ここで工具を降ろしてから徐々に外側に切削するよう修正しました。
  14. 第1024工程が登録されている状態で新たに工程を追加しようとしたときの動作に異常があったため、警告を出すようにしました。
  15. [NCデータの作成]ウィンドウの[Z復帰レベル出力]を[G99(R点で移動)]と設定して穴加工軌跡をNCデータ出力した場合には、[R点移動の形式]の設定に従って干渉チェックを行い、穴間の移動経路上にR点よりも高い干渉物(回避面)が検出された場合にはG98(イニシャル点で移動)出力するよう修正しました。
  16. 輪郭加工で加工指示すると条件によってはシミュレーション描画が異常になる不具合を修正しました。
ruledDLL.dll:V7.05(2006/10/02)
  1. 2.5Dルールド加工指示で、[ピン角インコーナーの丸め処理]を[無]と設定し、ピン角インコーナーがある軌跡を作成して干渉が発生した場合に、エラー画面が2回出力されていたのを1回のみ出力するように修正しました。

[Rel7.06]:2006.09.11

V7.4.0.0(2006/09/11)
  1. 2DのZ方向に深堀をするコマンド(穴位置加工指示以外)において、サブプロONでポストの加工データ作成時の移動コード指令とNCデータ作成画面の移動コード指令が異なっているとき、移動コードの直後にゴミが出力され、データが異常になる不具合を修正しました。
      (1) ポストの "[5]軌跡開始部"解釈直後の移動コード ---G90
        [NCデータの作成:移動コード指令] ---G91
        不具合の内容:第一階層目のデータが出力されない
      (2) ポストの "[5]軌跡開始部"解釈直後の移動コード ---G91
        [NCデータの作成:移動コード指令] ---G90
        不具合の内容:サブプロコールのNCデータが出力されない

[Rel7.05]:2006.08.26

V7.3.0.2(2006/08/25)
  1. 2D領域加工の2本目、3本目の「オフセットピッチ比率(%)」の値が50(初期値)のとき、「・・・オフセットピッチ比率が50%より大きいため・・・」の警告表示が出力される不具合を次のように修正しました。
    【修正内容】
    1、2、3本目の工具の「オフセットピッチ比率(%)」が50%以下であれば警告表示せず、50%を超える値のとき警告表示する。

[Rel7.04]:2006.08.21

Ver7.03(2006/08/21)
  1. 輪郭加工のアプローチ指示において、アプローチ点を[クリック点]にした場合、直線・円弧の時にはクリックした点から図形への垂点にアプローチがつき、垂点が見つからない場合はエラーを出力するように変更しました。
  2. 等高線加工の複数断面でデータによっては軌跡が正常に作成されない不具合を修正しました。
  3. かまぼこ加工のステップ荒取りで回避面高さの設定によっては干渉を起こす不具合を修正しました。
  4. 等高線加工でデータによっては正常な軌跡が作成されない不具合を修正しました。
  5. シミュレーション表示でコーナーF値処理により、干渉が発生する場合はエラーを出力するようにしました。
  6. CAM(2.5D)側でCADデータを開き、等高線指示において上面図を指示し、補助メニューの[次図形]をクリックすると図形トレースが異常になる不具合を修正しました。
  7. 上面が真円の形状を等高線加工し、円弧をIJで出力すると、アプローチの長さが0のとき、頂点で分割されてしまう不具合を修正しました。
  8. 2.5D等高線でデータによっては加工ピッチが特定の数値の場合、水平部分の加工パスが出力されない不具合を修正しました。
  9. 等高線加工で断面形状の最後にR形状がある場合に、最後の加工ピッチが大きくなりすぎる不具合を修正しました。
  10. 領域のポケット加工でデータによっては、軌跡が作成されない不具合を修正しました。
  11. 簡易穴の1つ目の穴位置への移動出力は、G90/91にかかわらずXYともに必ず出力するように変更しました。
  12. 領域切削でX軸Y軸平行の軌跡を作成すると、NCデータ出力時、[領域下穴位置出力]を[する]にしても、下穴位置が出力されない不具合を修正しました。
  13. 2.5D等高線でデータによっては底部分の軌跡が一部作成されない不具合を修正しました。
  14. 2.5D等高線でアプローチ点近くの干渉チェックの不具合を修正しました。
  15. 等高線加工でアプローチの位置によっては正常に軌跡が作成されない不具合を修正しました。
  16. 等高線加工で内周を加工すると、形状によっては作図された位置によって、出力されるエラーの内容が違う不具合を修正しました。
  17. 等高線加工の複数断面での干渉チェックで元図形と交差する部分の干渉チェックに不具合があったため、修正しました。
  18. 2.5D等高線加工NC文作成での真円確認処理で、Zの高さが違う真円を削除していた不具合を削除しないように修正しました。
  19. 円弧がある形状の輪郭加工で、アプローチ位置を[スタートホール]にして、スタートホールとして円弧の中心を指示すると、「スタート点から選択した図形に垂点が設定できません。」とエラーになる不具合を修正しました。
  20. 輪郭加工指示で溝加工を行う場合に、複数箇所の溝をまとめて1工程として指示すると、2つ目以降の溝を加工する時に[最終深さ]のF値が有効にならない不具合を修正しました。
  21. 2D領域の追込み切削で、前の工具の仕上代よりも大きい値が設定できていたのを、追込み切削の設定で2、3本目の工具の仕上げ代が前の工具の仕上げ代よりも大きい場合には、「追込み切削の仕上げ代が領域加工の仕上げ代より大きいので計算できません」と警告を表示し、設定を終了しないように変更しました。
  22. 位置決め座標(XBP?、YBP?、ZBP?)と開始点(XST?、YST?、ZST?)の処理を次のように変更しました。
    (1)「NCデータの作成」画面に開始点X、開始点Y、開始点Zを追加する。(位置決め座標の上)
    (2)移動コード指令がG91のとき、ポストに最初に出てくる位置決め点への移動(XBP?、YBP?、ZBP?)を、(1)の開始点X、開始点Y、開始点Zから行う。
    (3)移動コード指令がG90のときは、(1)の開始点X、開始点Y、開始点Zは無視する。
  23. 「N番号のコメント」の出力の有無を、「NCデータの作成」画面で行えるよう変更しました。
  24. 2Dトロコイド加工で切り込みピッチ=1.0にし、「2D、2.5DのZの編集」で切り込みピッチを変更(2.0にする)すると「ピッチ<0.001」のアラームになりピッチが変更できない不具合を修正しました。
  25. [MG編集]でZAPの値を変更しても、NCデータに反映されない不具合を修正しました。
  26. NCデータ作成時にZBP?とAPZ?の値を厳格にチェックし、ワークに突っ込む危険があるときは警告を出力するようにしました。
  27. 軌跡を複写してG91でサブプロ出力すると、同じサブプロが形状の個数分出力される不具合を修正しました。
  28. 「距離指定複写」を行うと、複写した部分のNCデータが異常になる不具合を修正しました。
  29. ポスト中に「!」を入力しても、XYZ値が出力されない不具合を修正しました。
  30. 終点手前分割工具径比率が半径値基準になっているのを工具径基準に変更しました。
  31. 工具リストで工具径を10.06など小数第2位まで入力しても、NCプログラムに出力されるコメントには「TD = 10.1」のように小数第1位にまるめられていたのを、小数第3位まで出力するように修正しました。
  32. 工程をまたいでもF値をモーダル処理するように修正しました。
  33. (1)[NOW_T?]および[CNDT?]のモーダル処理について、[1]加工開始部に[ST_T?]、[2]工具交換部に[NOW_T?]があった場合は、初回の[NOW_T?]は出力しないよう修正しました。
    (2)穴加工で工具交換なしのポストループについて、「サイクル開始部」から「サイクル終了部」に戻るよう修正しました。
  34. 「穴位置加工指示」で軌跡を作成し、NCデータ作成時に「Gコードモーダル処理」をOFFにすると、不要なG00が出力される不具合を修正しました。
  35. ポストに記述したスペースの扱いを、その記述位置により以下のように処理するように修正しました。
    (1)有効として、NCデータに出力する場合
       a.文字列の左側のスペース
       b.文字列の途中のスペース
    (2)無効として出力しない場合
       a.文字列の右側のスペース
       b.スペースのみの行のスペース
       ※この場合、行自体を削除する。
       c.ポストの最右側のスペース
    (3)スペースとは半角スペースのみを指し、全角スペースは何の処理もせずそのまま出力する。
  36. 半球形状を等高線荒取りで指示すると、アプローチしか出力されない不具合を修正しました。
  37. 径補正番号、長補正番号が空欄の工具で加工指示(1:2D領域、2:2D輪郭、3:2.5D等高線、4:穴センタ&ドリル)を行った場合に、マガジンリストに自動的に「99」が設定されないよう修正しました。
  38. ポストにAPZ3?に記述がないと軌跡途中の回避動作が出力されない不具合を次のように修正しました。
    ポストの記述に関わらず、軌跡途中での連続していない点への移動では
    1.[APZ3?]まで上昇
    2.次の加工点へ移動
    3.[APZ2?]→[APZ1?]→[APZ0?]→[加工高さ]と下降
    の動作を入れる。
  39. データによってはシミュレーション表示するとの工具軌跡表示の一部が欠ける不具合を修正しました。
  40. 「工具の選択」画面の[表示する工具]ボタンから起動される「表示工具の設定」画面で、設定を変更してから[中止]ボタンを押しても有効となり「工具の選択」画面側の表示内容が変化してしまう不具合を修正しました。
  41. 追い込み切削の計算で、追い込み軌跡が複数に分かれる場合の不具合を修正しました。
  42. 2D文字加工で、寸法文字「Y」「Y」「チ」「ヂ」の文字加工データが正しく出力されない不具合を修正しました。
  43. 領域で[オフセットの最大計算回数]の入力最小値を「10」から「1」に変更しました。
  44. 輪郭加工で、「出力数値の桁数」を2桁にすると、不要なZの上昇・下降の動きが出力されてしまう不具合を修正しました。
  45. [マガジンリストの編集]の[印刷]で印刷される項目に[開始高さ]および[加工深さ]を追加しました。
  46. ミルの簡易穴あけでポスト変換を行わない(軌跡のみを出力する)場合に、最初の移動行の先頭に「G00」を出力しないよう修正しました。
  47. サブプロのコメントをサブプロ番号の後ろに出力するようにしました。
    ※1つの工具で複数のサブプロができる場合には、それぞれのサブプロで同じコメントを出力する。
    ※サブプロを出力しない場合には、サブプロのコメント出力の設定が[ON]であっても出力しない。
  48. [工程管理]メニュー>[工程登録条件編集]の表記を[工程コメント等編集]に変更しました。
  49. 2.5D等高線加工でオフセット軌跡がオーバーハングになる場合、エラー出力とエラー箇所を赤丸で図示するようにしました。
  50. 輪郭加工で、アプローチ位置を[端点]にして真円を指示すると、[円弧の出力方式]を[IJ]または[IJ(Rコメント付き)]にしても1/2円に分割して出力される不具合を次のように修正しました。 真円形状の輪郭加工において、[円弧の出力方式]を[IJ]または[IJ(Rコメント付き)]に設定した場合には分割なし、[IJ(上下左右で分割)]または[R(上下左右で分割)]に設定した場合には上下左右の各頂点で分割し、頂点以外では分割しない。
  51. 輪郭加工で逃げ部を円弧、アプローチ位置をスタートホール、形状が真円でスタートホールが円中心の時、逃げ部のF値がアプローチ部のF値になってしまう不具合を修正しました。
  52. 全ウィンドウの数値入力欄において、小数点以下の丸め仕様を表示桁数の次位を四捨五入するよう統一しました。
  53. ヘリカルの切込み量および最初の直径、ジグザグの水平移動距離について、各工程で使用している工具の径を用いて計算するよう修正しました。
  54. 等高線加工でCADデータによっては、上面図が同じなのに上面図の角度によっては軌跡が正しくできない作成されない不具合を修正しました。
  55. マガジン編集で工具番号、補正番号等を変更した場合は、コメントにもその変更を反映する設定を追加しました。
CAM2D_Pocket.dll :V7.01(2006/08/21)
  1. 領域のポケット加工において、データによっては接続線が干渉する不具合を修正しました。
  2. 領域で真円を島として、面沿い左で島オフセット加工を行うと「計算できませんでした」とエラーになる不具合を修正しました。(面沿い右では正常)
  3. 領域切削でデータによっては形状・設定により軌跡が正しく作成されない不具合を修正しました。
  4. 領域切削でデータによってはクリックする位置によって食い込みの発生する不具合を修正しました。
  5. 領域切削でデータによっては島が無視されてしまう不具合を修正しました。
  6. 領域[島オフセット]で[オフセット最大回数]を「1」とした場合、ハングアップする不具合を修正しました。
  7. 領域加工をし、スタート点の下穴位置選択時に加工開始の位置をクリックするとヘリカルが出力されない不具合を修正しました。
  8. 領域加工の島オフセットで接続線が干渉する不具合を修正しました。
  9. 領域加工の島オフセットで2個以上島があるとき、形状によっては島が無視される不具合を修正しました。

[Rel7.03]:2006.08.18

V7.02(2006/08/14)
  1. [HLモジュール]を[NLモジュール]に対応しました。

[Rel7.00]:2006.01.09

Ver7.00(2006/01/09)
  1. 従来の2D,2.5D,穴,投影計算を統合し、バージョンをV7.00としました。
  2. マウスホイール回転で図形の拡大縮小を可能にしました。
  3. マウスホイールでの図形の移動を可能にしました。
  4. 画面表示メニューに「連続ズーム」と「画面移動」を追加しました。
  5. メニューバー、ツールバー及び補助メニューの構成を一部変更しました。
  6. 補助線作成、消去のキー操作を次のように変更しました。
        ・補助線作成(図形上) CTRL+F → F
        ・補助線作成(図形外) CTRL+V → V
        ・補助線消去       CTRL+F → R
  7. ポストの拡張子を pst → pml に変更しました。
  8. 工具を材質ごとに最大1024本まで登録可能にしました。
  9. 2D機能にトロコイド加工を追加しました。
  • 製品最新情報
  • イベント情報
  • 製品をご検討の方へ
  • 製品をご使用中の方へ
  • 【テクニカルサポート契約】されている方オンラインサポートのご利用はこちら
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町471 TEL:053-465-0711 FAX:053-465-0714
ご意見ご感想は E-mail:info@godo.co.jpまで

Copyright (c) Godo Solution Inc. All Rights Reserved.