1. お問い合わせ
  • HOME
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 教育機関HP
  • English

よくある質問

ナスカ・ミル穴加工について(質問と回答)

Q1.穴を指示すると「全円が見つかりません」というエラーが出る。
A1.以下の確認を行ってください。

  1. 円が真円になっているかどうか確認してください。真円になっていなければCAD図を変更してください。

  2. 穴タイプの設定画面で「全円の直径の範囲」に指示したい円の直径が含まれているかどうか確認してください。
Q2.「穴展開データがありません」というエラーが出る。
A2.加工工程の設定でその径の設定がされていません。
(例)工程名「〜」径「…」の穴展開データがありません。
上記の様なエラーが出た場合、工程名「〜」の加工工程の設定で、穴径の範囲に「…」が含まれていないということになります。加工工程の設定を確認して設定しなおしてください。
Q3.加工設定は設定しないといけないか?
A3. 使う工具や加工手順を設定しておかないと正しいデータができませんので、最初に加工設定を行ってください。
Q4.加工手順の設定はどういうものか?
A4. 加工する穴の種類と径ごとに使用する工具の組み合わせを登録するものです。通常1つの穴を加工するのに複数の工具を使ったり、加工する穴の種類が同じでも、穴の径によっては使用する工具の本数が異なることがあるので、穴ごとに設定を行います。
Q5.同じ穴を複数の工具を使って加工したいので、1つ目の工程で一度加工指示をして、次に別の工程で同じ穴を加工指示したら、最初に指示した工程が消えてしまった。
A5. 1つの穴に重ねて加工指示をすることはできません。1つの穴を複数の工具を使って加工する場合は、「穴加工手順の設定」で、1st、2nd、3rd・・・と、使う工具を順に設定してください。
Q6.同じ径で深さの異なる穴を加工したい。
A6. 「穴加工の名称」別の名称で登録し、新たに「穴加工手順の設定」をしてください。
Q7.穴タイプの設定で座グリ加工があるタイプを選択した場合、座グリ加工手順と穴加工手順のどちらが有効になるのか?
A7. 穴加工手順の後に座グリ加工手順が追加されます。
Q8.深さをドリルの先端の深さで入力したい。
A8. ナスカは肩の部分を基準としているので、肩の部分が設定した深さになります。 ドリルの先端の深さでは入力できません。先端の値しか分からない場合は、計算して肩の部分の深さを求めてください。または、工具リストの設定でドリルの先端角度を180度にします。

深さ設定
Q9.設定した深さとNCデータに出力される深さが違う。
A9. ナスカは肩の部分を基準としているので、肩の部分が設定した深さになります。また、NCデータに出てくる値はリップハイト分考慮して出力された値になりますので、設定した深さとNCデータに出力される深さが異なります。

深さ出力
Q10.加工手順に設定している工具と違うものがMG編集に出てくる。
A10. 加工穴径の範囲、加工手順が正しく設定されているかどうか確認してください。
Q11.同じ工具(種類、径)で固定サイクル等のパラメータが違う工具を登録したい。
A11. 工具名称を別の名称で登録し、別々の工具としてそれぞれ登録してください。
  • 製品最新情報
  • イベント情報
  • 製品をご検討の方へ
  • 製品をご使用中の方へ
  • 【テクニカルサポート契約】されている方オンラインサポートのご利用はこちら
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町471 TEL:053-465-0711 FAX:053-465-0714
ご意見ご感想は E-mail:info@godo.co.jpまで

Copyright (c) Godo Solution Inc. All Rights Reserved.