1. サイト内検索
  2. お問い合わせ
  • HOME
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 教育機関HP
  • English

サポート

ダウンロード
テクニカルサポート
スクール
定期コース
オーダーメイドコース
ポスト作成
よくある質問
OS対応表
インストール編
ハードロック(プロテクター)編
基本編
ナスカCAD編
ナスカ・ミル2D編
ナスカ・ミル2.5D編
ナスカ・ミル穴加工編
ナスカビュー編
ナスカ[描画・編集](共通編)
ナスカ・ワイヤー編
ナスカ・旋盤編
ナスカ・マルチ通信編
ポケコン編
簡易マニュアル・チュートリアル
ナスカのミニ知識
バージョン情報
ナスカ・プロ3Dビュー/3Dコネクト
ナスカ・プロCAD
ナスカ・プロミル共通
ナスカ・プロ2D
ナスカ・プロ2.5D
ナスカ・プロ穴加工
ナスカ・プロワイヤー
ナスカ・プロ旋盤
ナスカ・プロETMビュー
ナスカ・SQレーザー
ナスカCAD
ナスカ・ミル
ナスカ・ワイヤー
ナスカ・レーザー
ナスカ・旋盤
ナスカビュー
ナスカビューARA
ナスカ・GR
ナスカ[描画・編集](マシニング用)
ナスカ・ワイヤービュー
ナスカ[描画・編集](旋盤用)
ナスカ編集
ナスカ・マルチ通信
ナスカ・マルチ通信 for LAN
ナスカ通信
ナスカマルチDNC
ナスカ・3Dインターフェース
パススコープ
ナスカ・プロ Bee そう太
計太Z V3
ポケコン
らん太
販売・サポート終了商品
サポート用メールフォーム
ナスカシリーズ
ナスカ・プロ Beeシリーズ
ユーザー登録用フォーム

よくある質問

ナスカ・ミル2.5Dについて(質問と回答)

Q1.加工軌跡が断面図より大きくなる。
A1. オフセットの計算が入るためそうなります。
ナスカ・ミル2.5Dでは、G41/G42コードを使用した工具径補正を行いません。あらかじめ補正をかけた軌跡を作成します。 また、G41/G42の工具径補正を行うNC文は作成できません。
Q2.投影計算の違いを教えてください。
A2. 検討時FAQの方でご説明していますので、こちらをご参照ください。
また実際にナスカ・ミル2.5D+投影計算で作成したサンプル群を参照したいときは、サンプルギャラリーをご覧ください。
Q3.断面図はどこに描いてもよいですか?
A3.断面図の場所はどこでも構いません。投影指示用の断面図は上面図に投影できるように、X方向、もしくはY方向をそろえてください。
(投影見切り用の断面図も同様です)
Q4.「断面の加工方向が違います」とエラーが出ます。
A4. 「上面、断面の指示」のコマンドで用いる断面は、途中横ばいになっていても良いですが、上がり一方、または下がり一方になっていないといけません。
このため上がり下がりのある断面を指示する時は、上がりと下がりの変移点で断面を分ける必要があります。
また「カマボコ軌跡」で作成できないか検討してみてください。
Q5.上面図のコーナーRが、形状定義後Rにならずとがってしまう。
A5. CAD図ではピン角にしておき、CAMに移って加工指示の後に、「コーナーの指示」のコマンドでR指定を行ってください。
Q6.凸形状を作りたいのに、凹形状になってしまう。
A6. 上面の加工指示の進行方向に対して、断面図の向きが逆になっているためだと思われます。
断面図の向きを変える場合はCADで書き直してください。
Q7.楕円と(正円)Rのコーナー指示の違いは何ですか?
A7.実際楕円のコーナー指示は、図面設計者側から指示されることはほとんどないようです。楕円指示は、フィレットから隣接する断面へのつながりが、(正円)Rに比べて人間の触感的に滑らかに(違和感がないように)感じられるためユーザー様側の判断で使用されたい時があるようです。
見た目上の違いとしては、楕円の方が(正円)Rに比べて、同じ設定値でもコーナー部が小さくなります。
またNCデータを出力した場合、楕円は必ずG01で出力されます(G02/G03での円弧近似では作成してきません)。そしてRの場合は必ずG02/03で出力されます。
Q8.「カマボコ加工」でひょうたんを横に寝かせたような形は作成できますか?
A8. 「カマボコ加工」は、いわゆる「金太郎飴」のような形状を定義する方法なので、どの位置で切っても同じ断面になっていないといけません。そのため断面形状が位置により異なるひょうたん形状のものは「カマボコ加工」ではできません。こういう場合は、オプションソフト「投影計算」の「回転体定義」コマンドを使用すると作成できます。
Q9.「投影逃げ」を使用した時に食い込みが発生します。
A9. 「投影逃げ」の逃げ指定領域と、実際の逃げ領域の関係は下図のようになります。
投影逃げの食い込み

実際の逃げ領域は、逃げ指定領域に食い込んだ領域が「分割ピッチ距離」の設定値との兼ね合いでとられます。
これには逃げ領域を広く余裕をもって取ることが必要です。「オフセット量」を「分割ピッチ距離」の設定値分常に大きく取ると食い込みを防げます。 また、「オフセット量」を多めに設定した「投影逃げ」の後、等高線加工等で仕上げをすると逃げた領域の壁の部分もきれいに仕上がります。
Q10.「投影する図形が検索できませんでした。」とエラーが出てしまいます。
A10. 投影断面図は上面図に、X方向もしくはY方向に揃えられていないといけません。
この事をふまえた上でなお、エラーが出る場合は、投影断面図の図形の延長を行ってください。投影断面図は投影計算処理の必要上、下図のように実際より端の部分を余分に長く取って頂かないといけない場合が多くあります。
Q11.コーナーにR、C面を付けたのですが、正確に出せません。
A11. このソフトは3次元ではなく、2.5次元のソフトなので、R、C面部は投影合成などで形状を変形するとどうしても崩れてしまいます。ご了承ください。
Q12.多数個取りはできないですか?
A12. 軌跡作成後、[工程管理]メニュー>[加工軌跡の複写]で軌跡を複写してください。
Q13.等高線加工指示で、開いた形状を指示する時、これを往復移動で加工するようにできないですか?
A13. できません。
Q14.R1200の図形の「カマボコ加工」での作成についてですが、円分割公差を最大の1/1000にしたのですが、まだ少々荒いようなので、もっと細かくするか、Rで出力するかできませんか?
A14. それ以上細かくはできません。また、「カマボコ加工」では円弧出力はできません。
Q15.NCでの加工時、ヘリカル動作で機械が止まってしまうのですが?
A15.お使いのNCは同時3軸加工のNCでしょうか?ヘリカル動作は、XYZの3軸方向への同時移動ができることが前提になっています。工具負荷をかけたくないという前提で同時2軸のNCの場合は、下穴を作って下降するようにしかできません。

※注 ヘリカル下降は、ステップ荒取り時に使用可能な機能です。またZのジグザグ下げは、「投影逃げ」で作成する軌跡に使用可能な機能です。詳細はヘルプをご参照ください。
Q16.CAMソフトで加工時間がわかりますか?
A16. いいえ、CAMソフトでは分かりません。別売の「ナスカ描画」、「ナスカビュー」で分かります。
Q17.ポストを作ってほしいのですが?
A17. 有償で承っております。詳しくは営業課までお問い合わせください。
  • 製品最新情報
  • イベント情報
  • 製品をご検討の方へ
  • 製品をご使用中の方へ
  • 【テクニカルサポート契約】されている方オンラインサポートのご利用はこちら
〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町471 TEL:053-465-0711 FAX:053-465-0714
ご意見ご感想は E-mail:info@godo.co.jpまで

Copyright (c) Godo Solution Inc. All Rights Reserved.